Thursday, January 12, 2012

Search, plus Your World - Google 検索は PageRank からソーシャルヘ [memo]

今日は朝から,Google+ のストリームがこの話題で持ち切りでした.

Official Google Blog: Search, plus Your World



Google+ と連動したソーシャル検索.
つまり,自分や友人の情報を元に,パーソナライズされた検索結果が提示される,ということです.

実際,曲にしてもラーメンにしてもニュース記事にしても,一般的に人気があるものより,友人や同じ趣味の人から勧められるものの方が,興味も信頼性も高いわけです.


詳細はこの辺りなど.
Googleが、Google+連携でソーシャル検索を実現。ここ数年で最も大きな検索の進化と発表 in the looop 斉藤徹
GoogleがGoogle+と密接に連動するソーシャル検索機能『Search plus your world』を公開 – トラフィック・マーケティングは人を中心とした次のフェイズへ - Over the Vertex of Technology by 朝山貴生
Suddenly, Google Is Winning the Online Identity Race
Sharing a search story - Matt Cutts: Gadgets, Google, and SEO


これに対して Twitter が激しく非難したり,
Twitter、Google+とGoogle検索との連携を激しく攻撃

またそれに対して Google が公式に反論したり,
Google - Google+ - We are a bit surprised by Twitter's comments about Search…

そもそも「Google+ と連動して意味があるのか」という指摘があったり,
Googleの言う「あなたの世界」は、Google+だけの世界

…という興味深い1日でした.


テクノロジー業界においては「プラットフォームを取るのが勝ち」が定説ですが,そのプラットフォームは年々上位レイヤに移行しています.

つまり,

かつてプラットフォームと言えばハードウェアだった
 → OS がプラットフォームとなった
 → iOS や Android もプラットフォームとなった
  → ブラウザがプラットフォームとなった (というかブラウザが OS になった)

…みたいな流れの中で,ソーシャルグラフの観点では Facebook がプラットフォームなわけですが,そこにどのような影響を与えるのか,個人的には注目しています.


以下,本当はきちんとまとめて本文中に書きたかったことなのですが,このエントリーは時間をかけるよりもタイムリーに公開した方が良いと思い,雑記として記しておきます.




【Google+ がデビューした時の感想】

最近は Facebook や Twitter よりも Google+ の方を良く見ていて,各所で UI が優れてるとか,先に関係を定義するユーザーグラフの作り方が新しいとか色々言われてますが,個人的には,G+ はまだ招待制なのでユーザーにコアな人が多いとか不思議な身内感があるとか,3rd party クライアントがまだ無いので「みんながそこにいる」というサービスとしての臨場感があるとか,その辺だと思ってる.

今後このまま面白い形をキープするかどうかは…どうなんだろね.

https://plus.google.com/111617911388903609906/posts/3Ro2iWNjFya


【Facebook と Google+ のソーシャルグラフは本質が違う・関係性を先に定義する,Google+ のサークルについて】
google+の挑戦はソーシャルグラフでは無く、リレーショングラフの可視化。リーチ力より、より狭い範囲へのレコメンド合戦が始まった - ASSIOMA


【そのサークルについて感じたこと】

サークルという考え方について.投稿する時にどのサークルに対しての発言か選べるから,独り言のようなつぶやきからプライベートなことまで,場合分けして安心して書ける…というのはその通り.読む時もサークルによって Twitter 的だったり Facebook 的だったり Tumblr 的だったり…というのも分かる.

特に誰かが言ってた,「Google+ は決まった形を持たない.情報を発信するサークルによって,メールにもブログにも SNS にもマイクロブログにもなりえる」という話も,確かに腑に落ちる.

でもなぜか,このサークルという概念が好きになれないというか,直感的に,破綻している気がしてならない.うまく説明できないんだけど...「いちいち選ばなきゃいけないようではダメ」なのかな...

https://plus.google.com/111617911388903609906/posts/Zo4T53JKUaQ


【今回の発表に対する @mehori さんの鋭い考察】

そう。ここが重要。「誰が情報を発信して」「誰に向かってシェアしたか」がわかるということは、いうなればページランクが生じるプロセスをみているわけで、ウェブが自己創出されるプロセスが検索可能になったということ。

https://plus.google.com/100366041156340390615/posts/hLgt1bG49qu


【みんな「ソーシャル,ソーシャル」言ってるけど,その1歩先を見据えた Kevin Rose の言葉】

> "social graph" の次は "interest graph" が来る #LeWebWed Dec 14 00:55:16 via SOICHA

> つまり個人の興味をグラフ化していくということ #LeWebWed Dec 14 00:55:25 via SOICHA

> "interest graph" を言い換えれば,"passive social" 最近は猫も杓子も「ソーシャル」でユーザーが疲弊してきているので,もっと受け身形でソーシャルの恩恵を受けられるように設計しなければいけない #LeWebWed Dec 14 00:55:39 via SOICHA




【(おまけその1) Facebook と笑っていいとも】

Facebook にブログのリンクをポストすると,みんな Like をつけてくれたりコメントをくれたり,とても嬉しいんだけど,「『笑っていいとも』はおもしろくなくても客が笑うからレギュラー降りた」って言ってた松ちゃんの言葉をふと思い出した.Thu Oct 27 14:53:30 via YoruFukurou




【(おまけその2) Facebook と mixi の違いについて】

後付けでソーシャルグラフなのがmixi、はなからソーシャルグラフを狙ったのがfacebookThu Jan 27 15:18:23 via twidroyd (original)




【(おまけその3) Facebook と Twitter の違いについての至言】

いいか、言うぞ。フェイスブックはヌルいんじゃボケー!チンコとか言ってみろよ。チンコ。Mon Oct 17 19:30:09 via Echofon



0 comments: