Sunday, October 8, 2006

もの事するときの心構え - 志村けん [memo]

志村けんの公式 Blog より.
ken's blog: 枕が変わると眠れない

私志村けんは実は凄いあがり性で緊張しいなんです。
--中略--
それに勝には、稽古、練習しかないのです。
練習で100%出来て本番で80%かな もの事するときの心構えと思います。

自信持てるまでやるしかありません ね 


一時代を築いた彼の言葉だからこそ,重みがあるし,勇気付けられます.

昔テレビで本人が語っていたことだけど,「志村さんはなんで結婚しないんですか?」と聞かれた時に,「結婚するとお笑い以外に大切なものができてしまう.自分はお笑いのことだけを,いつも一番大切にしていたいから.」と話していたのが印象的だった.

もちろん家族ができて,守るもの,守られるものができてこそ仕事のアウトプットも高まるという考え方もあると思うから賛否両論かもしれないが,彼のプロとしての真摯な心構えはひしひしと伝わってきた.

そして今でもバリバリの現役,ホントにカッコいいと思う.


人にこう言うと決まって「意外」とか「嘘だ」とか言われるけど,実は私も凄いあがり性で緊張しいなんです.

今週は,アメリカの某大学教授,兼 SEI (アメリカ国防総省によって設立された連邦政府資金のソフトウェアエンジニアリング研究所) のシニアメンバーに,50分のプレゼンをする機会がある.この16週間の集大成のプレゼン.相手は筋金入った百戦錬磨のプロ中のプロ.今考えるだけでも手足が震えてくる.この3連休は資料作成 (というか資料はほとんどできていて,英訳と最後のチェックをしています).

でもそれが,信頼できるメンバーと一切の妥協をせずに検討してきた内容を伝えると思えば,自然と自信が湧いてくる.

凄いあがり性で緊張しいの自分だけど,人には「プレゼンが上手い」と言ってもらえることが多い.内容に絶対の自信があって,部屋の大きさやオーディエンスの人数,また当日の形式などが分かっていて,予めプレゼンのイメージトレーニングができる時は,絶対に失敗しない自信がある.

「これ以上できない」というぐらいまで準備できれば,例え相手が誰でも気持ちで上に立てます.


うー,でも緊張するなー

今から当日着ていく服装まで決めて,イメトレしてます.実は練習から吐きそうになるぐらい緊張しつつ,準備してるんです.こんなこと書いてるだけで,手足が汗でびっしょり…

がんばれー > 俺

自信持てるまでやるしかありません,ね.


2 comments:

yoshi-cakemusic said...

「実は緊張しぃ」その気持ち、よくわかります。
なぜなら私も超緊張しぃなのに誰も信じてくれないから。
それはひとつの人からの自分の捉えられ方なので、参考にはなりますが…

ところでこの志村けんBlog、やたらと口語的文章なのは誰かが志村さんの口述をupしてるからなんでしょうかね。

toshi said...

まーねー,もっと器用にできればいいと思うけど,こんな自分自身とこれからも付き合って行くわけだから,そこも含めて人生楽しめればいいよね.

志村さんに関して言えば ここ とか見ても思うけど,こんな彼の「人間っぽい」ところが大好きです.