Monday, August 21, 2006

Passion is the first thing - Bill Joy のインタビューより [memo]

Bill Joy, 言わずと知れたコンピューター業界におけるスーパーハッカーにして,カリスマ中のカリスマである.

Sun Microsystems 社を設立し,その後チーフサイエンティストとして君臨し,2003年に急に退社して話題を集めたことは記憶に新しい.

BSD, vi, csh, curses, termcap, Pascal, NFS, SPARC, Solaris, Java, JINI…と,彼が世に送り出したもの,技術的に貢献してきたものには枚挙に遑がないし,私が「尊敬するエンジニアは?」と聞かれたら,まっさきに彼の名前を挙げるかもしれない.

そんな Joy の2005年のインタビューを YouTube で見つけた.

動いてる彼を見たのは始めてだけど,なんかやっぱりオーラが漂ってる気がするのは,最初から「雲の上のその上のものすんげぇ人」として見ているからだろうか.

このスーパーハッカーが,"Are there three questions you can ask an entrepreneur that measures their greatness?" と聞かれた時に,

Passion is the first thing.

と言ったことに,なんとなく人間味を感じた.
ちなみにこの "three questions" は,"Big ideas, passion, an ability to make it real" だとか.


ところで,Joy のインタビューとして有名なのはこちら.
Hope Is a Lousy Defense.

Linux について聞かれると「俺が1979年に作ったものを真似されても興味ないね.Mac OS X はクールだけど」みたいなこと言ってみたり,

Re-implementing what I designed in 1979 is not interesting to me personally. For kids who are 20 years younger than me, Linux is a great way to cut your teeth. It's a cultural phenomenon and a business phenomenon. Mac OS X is a rock-solid system that's beautifully designed. I much prefer it to Linux.

Windows に対して痛烈な批判をしたり,

I find Windows of absolutely no technical interest. They took systems designed for isolated desktop systems and put them on the Net without thinking about evildoers

なかなか痛快である.

あとこっちも Joy のインタビューとしては有名なもの.
Why the future doesn't need us.


0 comments: