Thursday, May 7, 2015

いつか見たドラえもんのヤメラレン / 習慣の力 [book]

習慣の力 The Power of Habit

習慣とは実に恐ろしいものです.デューク大学の研究によると,なんと私達は行動の4割以上を,習慣によって無意識のうちに決めているそうです.

私達が毎日行っている選択は,よく考えた末の意思決定だと思えるかもしれませんが,実は習慣に支配されています.そして重要なことは,習慣は変えることが可能であり,今日ではその為の方法も解明されているということです.


本書は,習慣というものを,科学的かつ神経学的に紐解いた1冊.習慣とは,「きっかけ」「ルーチン」「報酬」の3つの要素から成り,「欲求」によって思考を介さずにその3つがループするものと説いています.

著者は,この習慣のメカニズムを正しく理解し,応用すれば,アルコール依存や薬物中毒といった悪い習慣と決別することも,健康な食生活や定期的な運動といった良い習慣を身につけることも,可能だと主張しています.原理さえ分かれば,習慣は自分のスペックとして組み直すことができると.

印象的だったのは,機械的にアルゴリズムを適用するのではなく,そこに「信頼」という人間的な部分が含まれること.そして特筆すべきは,習慣をコントロールする鍵となるのは,我慢を続けて繰り返すことではなく,キーストーン・ハビット (要となる習慣) を見つけるという点です.要石となる1つの習慣に狙いを定めることで,他の行動も連鎖的にプログラムしなおすのです.

また,実例を多数紹介し,個人レベル・企業レベル・社会レベルでケーススタディを展開している点も非常に興味深い.とある個人の爪を噛む癖をなおす話,習慣をうまく利用してファブリーズを10億ドル大ヒット商品にした P&G,企業におけるキーストーン・ハビットを作ることでアルコアを5倍に成長させたポール・オニール (後にアメリカ財務長官に就任),マーティン・ルーサー・キング・ジュニアと公民権運動の成功要因…といった実例を紹介しています.特に企業レベルのケーススタディでは,習慣を利用して消費者に買わせる技術,即ちマーケティングにおいても,大きなヒントが隠されているように思います.

冒頭で習慣とは恐ろしいものだと書きましたが,原理を理解すれば,それは非常にパワフルなツールになるでしょう.以前紹介した GTD や「7つの習慣」も,パワフルな習慣の例と言えるのではないでしょうか.
Peace Pipe: GTD (Getting Things Done) - やると決めたことをやるのは,意志の問題ではなく,スキルである [lifehack]
Peace Pipe: 7つの習慣 - 世界中で支持される成功哲学 [book]


ところで本書を読んでふと思い出したのは,「ヤメラレン」というドラえもんの道具です.これでのび太のパパに煙草を辞めさせようとしたり,ジャイアンの歌を好きになろうと試みる.アニメの中ではどちらも失敗するのですが,本書はまさに習慣をコントロールするこのドラえもんの道具です.

余談になりますが,「ヤメラレン」はその名の通り,なにかの中毒にする道具.のび太のパパに煙草を辞めさせようとする際には,ガムを噛むという新たな習慣を植えつけることで煙草を吸わなくさせるのですが,奇しくもこれは本書の考え方と一致します.既存の悪習を断ち切る際には,それをドライブしている欲求を特定し,「きっかけ」と「報酬」はそのままに,「ルーチン」を他のものに置き換えるのです.

さらに余談を続けると,「ヤメラレン」は,目的もなく使うと,「ヤメラレン」を飲むこと自体を辞められなくなるという道具でした.これも,本書にしろ GTD にしろ「7つの習慣」にしろ,いずれも銀の弾丸ではなく所詮は道具であるという教訓のようでもあります.ナイフが使い方次第で便利なツールにも凶器にもなり得るように,道具は使う人に委ねられているのです.本を読んで習慣がコントロールできる方程式が身につくなら,この世にアルコール依存症など存在せず,みんな健康で勤勉になってしまいますから.それでも本書は,確実にあなたの引き出しを増やす1冊であり,何かしらのきっかけを与えてくれることは,間違いないでしょう.

…っていうか藤子・F・不二雄すげーな!


著者のチャールズ・デュヒッグはニューヨーク・タイムズの記者だけあって,内容とは裏腹に研究論文臭くなく,文章の構成や展開も見事であり,NFL のフットボールチームやスタバのマネージメントなどの実例は,単なる読み物としても純粋に楽しめるものです.ぜひ気軽な気持ちで手にとってみてはいかがでしょうか.

4062184451習慣の力 The Power of Habit
チャールズ・デュヒッグ


2 comments:

Unknown said...

この本、ワタクシも読みました。ぜんぜん自分で自分のこと制御できてなくて、習慣に振り回されてるってことが分かって、愕然としました。

Toshiya HASEGAWA said...

おそらく人間の進化の過程で,4割以上を習慣によって無意識に行動できるようになり (言い方を変えれば自動運転できるようになり),その分頭はもっと重要なことを考えられるようになったのかもしれないと考えると,習慣は人間が備える機能なのかもしれませんね.