Saturday, December 21, 2013

2回目のシアトル [diary]

R0000087

仕事でシアトルに来ています.
前回来た時 は夏のベストシーズンで,気候も天気も最高だったのですが,冬のシアトルはとにかく寒く,天気もほぼ曇りか雨で (雪も降りました),冬にはもう2度と来ないと誓いました.

前回同様,到着したのが日曜の朝だったので,その日は丸1日自由になる時間があり,前回行けなかった所を散策してみました.


【ガスワークパーク】

もともと石炭ガスプラントだった敷地を,リチャード・ハーグという建築家が公園にしたそうです.単に工場跡地をそのまま公園にしたのではなく,ハーグ氏は全体的な調和を考えて130箇所以上のデザインを施したのだとか.

R0000001
R0000011
4Z3A0017

R0000002
R0000025 R0000023
R0000021


威圧的で物々しい雰囲気をかもし出しながら,まるでアニメの世界に飛び込んだようにロマンチックでもあり,公園全体を建築物と捉えるなら,素晴らしく強烈な建築と言えるでしょう.

R0000020


湖の向こう側にダウンタウンが一望できます.絶景ですね.

R0000012


【バラードロック (チッテンデン水門)】

湖と海との境界にある水門.淡水側と海水側は高低差が7mもあるそうで,この水門で水位をコントロールして船を行き来させています.

4Z3A0036
R0000036
R0000044
R0000032


なぜか水を見ると落ち着くのは私だけでしょうか.こんな場所は,何時間でも過ごせそうです.

R0000040


この日は (も),ご覧の通り天気がイマイチだったのですが,ガスワークパークにしろバラードロックにしろ,どんよりした感じが被写体にマッチしている気もしますよね.


【フィフス・アヴェニュー・シアター】

こちらは平日の仕事終わりに,家族への土産を買いに行ったダウンタウンでたまたま見つけた劇場です.

ひときわ存在感を放っていたので思わずシャッターを押したのですが,後から調べてみると,紫禁城・天寧寺・頤和園といった中国を代表する建造物をモチーフにしてデザインされた劇場なのだとか.

R0000072


ダウンタウンは完全にクリスマスモード.街全体がきらびやかです.

R0000081


【オリンピック・スカルプチャー・パーク】

事前の天気予報では,滞在中に1日だけ晴れる日がある模様でした.じゃあその日は少し早く起きて,出社前に散歩でもしようと,ホテルの近くの公園に行ってみました.

景色が良く,ユニークな建築が多く,暖かくて天気の良い日曜日にボンヤリしたい場所ですね.

R0000091

4Z3A0077
4Z3A0083 R0000093


なによりこの日は,朝起きた瞬間に見た朝焼けが,3秒ぐらい時間を止めるほど感動的で,心を鷲掴みにされました.

4Z3A0071


…さて,自然が豊かな場所特有の土地柄なのか,新鮮で美味しいシーフードが名物だからなのか,なぜかシアトルにはヘルスコンシャスなレストランが多い気がします.

こちらの同僚に,「そんなものに一切の用はない.アメリカに来たんだから,アメリカらしい,思いっきり体に悪そうなものが食べたい!」と言ったところ,連れていってくれた所は,

このピザと,

R0000055

このハンバーガー & シェイクと,

R0000064

このパンケーキと,

R0000103

このフライドチキンビスケット.

R0000097


…あぁ,早く日本に帰って蕎麦とか食べたいなぁ.


Flickr photos: Seatle 201312
Peace Pipe: Seattle travel


0 comments: