Sunday, November 13, 2016

嗚呼,懐かしの我がボストン [diary]

4Z3A9072.jpg

マサチューセッツの西外れを訪れた前エントリーでは,なんだかセンチメンタルなことを書きましたが,丸3年アメリカで暮らした後に大学時代を過ごしたボストンは,なんというか,すごくフラットな気分で再訪しています.大学卒業後も何度か来ているからかもしれませんが.

当時,辛いこともそれなりにあったんでしょうが,ほとんど覚えていません.私にとってボストンは,キラキラした想い出ばかりで…いや,というか,正直あまりちゃんと思い出せないぐらい,光のようなスピードで時間が過ぎていました.

十代後半から二十代前半特有の,「イケイケでサイコーにゴキゲンなあり余るエネルギー」を爆発させていた毎日."Squeeze your life out of your life" という表現がありますが,まさにそんな日々でした.

というわけで,ただいま.
ムチャクチャやったけど,死ななくてよかったね.
あー懐かし.

4Z3A8680.jpg 4Z3A8608.jpg 4Z3A8048.jpg 4Z3A8691.jpg 4Z3A8717.jpg 4Z3A8760.jpg 4Z3A8751.jpg 4Z3A7175.jpg 4Z3A8938.jpg 4Z3A9015.jpg 4Z3A9109.jpg


Flickr photos: New England 201611
Peace Pipe: "Welcome back home" - あの頃の僕に会いに行った日 [reflection]


0 comments: