Monday, December 23, 2013

未来のテレビのコンテンツ [memo]

年末特番で5時間のバラエティ番組があるのとか見ると,未来はまだ遠いと感じる.

未来のテレビの世界は,3分から10分,長くても30分のコンテンツになっているはずだ.


4 comments:

naotake takada said...

そうかなぁ。
ダラダラつけっぱなしにする需要に耐えられるコンテンツはなくならないような気がするな(今のそれらが耐えられるコンテンツなのかどうかは別として)

Toshiya HASEGAWA said...

それって尺が短くてもいいよね.むしろ尺が短い方が,reblog 的な自動選局しやすくて,ダラ見に適してたりとか.いずれにせよ「とりあえずつけてもらえる」ってのは,テレビの最強の特性ってことだよね.

今のスポンサーの仕組みがどうにかならないかな…と.予算が決まってるから,無駄に時間を引き伸す方向に流れてしまう.

例えばネットとカメラをごにょごにょしてインプレッションベースの広告の仕組みを作るとか,コンテンツを制約から自由にしてあげれば,コンテンツが自ら成りたい姿に自然となる気がするんだよね.視聴率しかり.NHK と Twitter にちょっとは期待してるんだけど.

このままじゃ,テレビが YouTube に駆逐されちゃいそうな気がしてさ…

naotake takada said...

なんか大昔にそういうデモ作った記憶が蘇ったな。
Yes No テレビ。

CMだってコンテンツなんじゃないかなって思うんだよね。
Youtubeのリーンバックみたいのが近いっちゃ近いけど、なんかやっぱりしっくりこないかな。

端末側が「みてる」って認識を正しくすれば変わるかな。

Toshiya HASEGAWA said...

Yes No テレビのコンセプトは大好きだった.ベロベロに酔っぱらった時に使えないテレビは UI としておかしい,ってのにも共感したなぁ.