Monday, December 31, 2007

さて,今年は何点でしたか? [diary]

ま,100点ってことにしとこうよ.
2007年の,すべての時間に,ありがとう.


Saturday, December 29, 2007

どうしようもない世界,寛容な僕ら [reflection]

僕らもわかってるつもりさ
続いていかなきゃならないから
全部をぶちこわしにしてしまう訳には
いかないってことは

そう,この世界はいつもどうしようもなくて
僕らは寛容だったと…思うのさ ハニー

I try to do something meaningful
and heal myself to be faithful
I ain't got no time to think about life
...got no time for a long while

Ready for ridin' out
Baby, it's alright


-- どうしようもない世界 寛容な僕ら / Plagues


夜通し語り尽くした,そんな朝に.


Thursday, December 27, 2007

サラリーマン [music]



サラリーマンのドラマ 君に見せてあげたい
映画のように すぐには終らない
遠く 遠く 続くこのドラマ


-- サラリーマン / 忌野 清志郎


Tuesday, December 25, 2007

Merry Christmas [diary]

IMG_2981

IMG_2946 IMG_3002 IMG_3017 IMG_3025 IMG_2994 IMG_3046 IMG_2985


You made my day!
最高のクリスマス,ありがと.

What is Christmas?
It is tenderness for the past, courage for the present, hope for the future.

It is a fervent wish that every cup may overflow with blessings rich and eternal, and that every path may lead to peace.

-- Agnes M. Pharo


Merry Christmas.
Peace to ya all.


Sunday, December 23, 2007

2007 M-1グランプリ サンドウィッチマン優勝 - Wikipedia 早っ! [memo]

完全にノーマークだったサンドウィッチマンが優勝した今年の M-1 グランプリ.

私自身も彼等のことは知らなかった為,つい先ほど優勝が決まった直後 (20:50頃) に Wikipedia を見てみたら,瞬時に更新されていた.



サンドウィッチマン (お笑いコンビ) - Wikipedia

サンドウィッチマンは、フラットファイヴに所属するお笑いコンビ。1998年9月にコンビ結成。2005年・2006年のM-1グランプリでは準決勝まで進み、2007年では敗者復活戦から決勝前半戦で1位通過し、見事優勝を果たした。


サンドウィッチマンオモロイ…という話を書こうと思ったら,こっちの方にびっくりしてしまった.


Big Frog Winter Parade 2007 at SuperDeluxe [music]


Frog Jump 以来の Big Frog のライブ.そして SuperDeluxe は,六本木の街中で32歳の誕生日を迎えた今年の夏以来だった.なんだか遠い昔のことのようで,はじめて聴くバンドのライブに行くような,そんな気分だった.

そしたら1曲目から Free Ride だなんて,そりゃ反則だってば.まったく人の気も知らないで.


パズルのピースが1つ1つカチカチはまっていくような,そんなライブだったような気がします.
IMG_2862 IMG_2907 IMG_2884 IMG_2896
サトちゃんキマりすぎ.っていうか,好きだ.

スピーカーの真ん前で意識がトぶ程酔っぱらって,トンさんのうねりとサトちゃんのボーカルにいつまでも体を任せていたい,そんな夜でした.

今夜ぐらい酒に酔ったってええじゃないか.ピーマン カレー粉 ヒゲマスター

I just wanna fly to the sky,
so so high

I just wanna fly to the moon,
shining shiny bright


-- Free Ride / Big Frog


http://www.myspace.com/bigfrogjp


Friday, December 21, 2007

ディズニーランドで一瞬見失ったエゴ [diary]

IMG_2795

最近,自分の中のエゴとそれを持つ自分を,昔より素直に認めることができるようになった気がしている.

だってほら,「エゴのない人間は精子の段階で消滅する」って言うじゃないか.

だから,自分がどーだとか他人がどーだとか言う前に,エゴイズムは人間が人間として持つ性質であり,私の中にも,私の周りの私が愛する人達の中にも,はっきりと存在する確かなものとして,呑み込めるような気がするのである.


今日は夜からディズニーランドに足を運んだ.

Peace Pipe: ディズニーランドとは,つまり「死」の体験である [diary]

ディズニーランドと一般的な遊園地には決定的な違いがあって,遊園地が「普段の自分のまま楽しむ」場所であるのに対して,ディズニーランドは「ある見えない扉を開けて,別の世界に飛び込んで行く」場所なのだ.
--中略--
大人になってからこの扉を開けるということは,地位や名誉を脱ぎ捨てた自分の本質と向き合うことであり,成長の過程で切り捨ててこなければいけなかった自分との再会であり,それはつまりあらゆる種類の「死」の体験なのだ.すなわち「エゴの死」や「嘘の死」「間違った考えの死」そして「飾ってきた自分の死」である.


それは一瞬だけだったけど,エゴを少しだけ素直に認められるようになった分,この無邪気な宇宙の中で,自分の中のエゴがポロポロと死んでいく感覚に触れたような気がした.それは一瞬だけだったけど.


…って別に,ディズニーランドまで行ってこんな理屈っぽいことばかり考えているわけではなくて,その一瞬以外は童心に帰って遊んでましたよ.さすがにミッキーの耳とかはつけないけどさ.


Wednesday, December 19, 2007

Luther Allison の表情が良すぎる件 [music]


その昔,聴いたことも無いアーティストを私にしては珍しく「ジャケ買い」してしまったのが,Luther Allison の South Side Safari というライブ盤.そしてそれを聴いてすぐにまた他のライブ盤が聴きたくなって買ったのが Live in Chicago.

だってもう見てみてよ.これほど気持ち良さそうにギターを弾く顔を,あなたは見たことがありますか?


ギターもボーカルも,例えば同じ黒人ブルースマンの Elmore James や Gatemouth Brown なんかに比べれば「驚愕」という程ではない (いや,逆立ちしても真似できないけど).

でもきっと,自分の音に対して「あーたまらん,もうたまらん,そりゃたまらん,あああぁぁぁーーー」なんて顔をして弾いていると思うと,こちらまでニタニタしてしまう.彼が奏でる1つ1つの音が,彼の魂だと思うのです.

何気なく,久しぶりに彼の音を聴いて「ああ,なんてイカしてるんだろう」と思ってしまったので,書いてみました.

彼は,私の誕生日に亡くなりました.とっくの昔に死んだ後に,遠く離れたこの国で,表情だけでアルバムを買わせるなんて,おめーなかなかやるじゃねぇか.「途中で進化が止まったいかりや長介」みたいな顔してやがるくせに,なんせめちゃくちゃカッコいいじゃねぇか.

顔もギターもボーカルも全てが暑苦しいのに,暑さよりも熱さが伝わってくる.


例え好きなジャンルではなくても,「人生において自分がやっていることが好きで好きで,誰より自分自身が気持ち良さを全身で感じている魂」を感じてみたくなったら,彼の名前を思い出してみて下さい.

やっぱギターは顔で弾かなきゃね.


Monday, December 17, 2007

Thank you oh Lord for the white blind light [reflection]

I had a splitting headache,
from which the future is made.



Thursday, December 13, 2007

12月の San Diego [diary]

IMG_2537

今週は San Diego に来ています.
今回はひどい時差ボケにハマり,睡魔と戦い続けている毎日です.まあ日本にいる時も時差ボケのような生活を送っていますが…

San Diego と言えば,つい1ヶ月半ほど前に猛威を振るい,約1000平方キロメートルを焼失・50万人に避難命令を出した,California 州史上最大規模の山火事が記憶に新しいところです.

対象エリアはこれぐらいで,

View Larger Map

その規模だけでなく,2005年のハリケーン「カトリーナ」で対応の遅さを非難されたブッシュのあたふたぶりなども話題になりました.
San Diego Fires - Information
News 8, San Diego: Wildfire Coverage

この辺りも避難対象エリアでしたが,どうやら街はすっかり正常に機能しているようです.


ところでアメリカでは,Thanksgiving が終わればもうクリスマス.24・25日だけではなく,12月は丸々1ヶ月,毎日がクリスマスなんです.

今夜は,とある住宅街で車を降りて少し歩いてみました.みんなまるで競い合うように,家にクリスマスの飾りつけをしています.
IMG_2662

ストリートはちょっとした,いやちょっとしたどころではないルミナリエです.デコレーションしていない家の方が返って目立っています.

IMG_2596 IMG_2611 IMG_2626 IMG_2665 IMG_2571 IMG_2585 IMG_2650 IMG_2622 IMG_2637 IMG_2663

それぞれに個性的で,色艶やかなクリスマスライトに心を奪われて歩いているうちに,とてもピースフルな,なんだか穏やかな気持ちになっていました.


クリスマスまでもうあとわずか12日ですね.

Wish you a happy happy Christmas,
peace to you all,
in faith we trust.
Help ever, hurt never.


素敵なクリスマスを.
私にも,あなたにも,いいことがありますよーに.


GATTACA [movie]

イーサン・ホーク
レビュー遺伝子工学の発達によって優秀な遺伝子を組み合わせて生まれた「適性者」が支配し、人間の生活も固定化されてしまった未来世界。そんな折り、自然出産で生まれた「不適性者」のヴィンセント(イーサン・ホーク)は...

堪らないほどの美しさと哀しさ
映像、音楽、緊張感あふれる演出、背景、どこを切り出してもきわめて美しい作品です。私にとって切ないという気持ちをこれほどまでに感じさせてくれた映画はありませんでした。
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成

映画に詳しい同僚が「自分が一番好きな作品」と DVD を貸してくれた.

確かに,非常におもしろい.大傑作だと思った.
最後の人間関係は少し出来過ぎのような気もするが,ストーリーや展開だけでなく,映像やセリフ,さらに女性の描き方なども含めて,とても叙情的で美しい.

本作は,The Truman Show の脚本でも注目を集めた Andrew Niccol の監督・脚本デビュー作.遺伝子操作により,生まれてくる子供を「デザイン」することが当たり前になった近未来を舞台に,運命に翻弄される人間の生き様を,胸が締めつけられるほど感傷的に映し出している.

挫折と苦悩,そして信念.
無機質な近未来の世界に,激しく交錯する脆く儚い人間の感情.

結局,物語を通して一番絶望的だったのは,一番のエリートだった.最後にやっと夢が叶った主人公の顔は,まったく笑っていなかった.

見終わった後,なにか心を支配するものがあった.
別に感動するような映画ではなかった.だが何とも言えないほろ苦さと,なにかどんよりした虚無感が心を支配していた.

人生の落伍者とは,一体何を定義とするのだろう.

周囲から与えられた価値観やら世の中の目安の中で,私達はどう自分と向き合い,何を成し遂げようとするのだろう.


Wednesday, December 12, 2007

おかえり The Black Crowes [music]

来年,7年ぶりとなるニューアルバムを発表するとの噂が流れる The Black Crowes だが,オフィシャルサイトを覗いてみると,あの凝った HP がたった1枚の画像に置き換わっていた.

そのうち変わると思うので,今のうちにスクリーンショット ↓

http://www.blackcrowes.com/

帰ってくるよー!!

それより Lions がもう6年半前というのがびっくり.


Monday, December 10, 2007

カット後 [diary]

カット前.
IMG_2503


カット後.
IMG_2526

イメージとしては,(Chris Robinson + John Lennon + Jeff Beck) / 3 です.
え? みんな同じだって?

So tomorrow just look at the sky, and if there's no moon you can bet I've found what I sought and I finally caught the moon in my moon-catchin' net.


Sunday, December 9, 2007

武道館での清志郎 [music]

私は行けなかった,昨日の武道館での Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ を,Blue さんがレポートしてくれている.

Blueの雑記帳(2nd edition) - Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ 日本武道館

今日、このライヴを観ることができなかった清志郎ファンの皆さん。
安心してください。
大丈夫です…いや、大丈夫どころではありません。
清志郎のヴォーカル。
とんでもないです。本当にとんでもないです。マジで、とんでもなかったです。
あまりの声で、武道館のPAスピーカーが割れていましたから…というのは冗談だけれど、僕がそう感じたのはまぎれも無い事実。


彼が言うなら間違いないだろう.

「手術をすれば治るが声を失う」と宣告され,命を賭してまであえて民間療法にこだわり,そしてこの完全復活である.

明日,10日 (月) の SMAP x SMAP には清志郎さんがゲスト出演する予定.こちらは絶対見逃せない.


Saturday, December 8, 2007

27回目の命日 [diary]

突き刺ささるような言葉で,力強く愛と平和を訴える君も最高だけど,弱々しい,擦り切れるような声で,"I'm just a jealous guy" と吐露する君も,また人間っぽくて大好きなんだ.

別に君の命日だから,君の歌を聴いて思いふけっているわけじゃない.

いつだって,君の人間っぽさに感謝しているよ.



Thursday, December 6, 2007

北京で出会った鬼 [diary]

IMG_2387

今週は日曜から北京出張でした.
仕事がある日は1日中ホテルに缶ヅメ (食事も3食ホテルのレストラン…) でしたが,到着日と出発日はフリーだったので少し足をのばしてみました.

街にはオリンピックムードがまるで無く,「ホントにここでやるの?」という感じ.それより,道路が広いことに驚きます.2ヶ月ほど前に行った 上海 があまりに無秩序だったのに対し,北京は「整頓された都会」というのが第一印象です.
IMG_2369 IMG_2367


そのまま小1時間歩いて天安門へ.
IMG_2371

私が13歳だった1989年6月,自由を勝ち取ろうとした多くの国民が無差別に虐殺され,1人の男性が戦車の前に立ちはだかった,まさにその場所に今自分がいるという,違和感.

…違和感?

もしかしたら違和感なんか感じていなかったのかもしれません.「びっくりするぐらい実感が無かった」というのが正直な感想なのかもしれません.

いくらリアルタイムでこの目にした歴史的虐殺事件とはいえ,ここで流された血は,当時の私にとってはやはり「他人事」だったんだろうと思います.

この場所をたまたま訪れて,私の中にはじめて生まれた18年前の歴史.

歴史は嘘,
去ってゆくものはみんな嘘,
そしてあした来る鬼だけがほんと!

-- 寺山 修司



…去ってゆくものが,みんな嘘なら,私はあした来る鬼をまるごと受け入れようと思います.

If it's fine rain or shine I don't mind I'll take it anyway -

なんだか,この日は空がとてもきれいで,そんな複雑な気分の中に太陽は沈んで行きました.
IMG_2370



次の日からホテルに缶ヅメになることは分かっていたので,この日の夜は市内の有名な砂鍋の店へ.
IMG_2401


そして出発日の今日は早起きして,空港に行く途中,万里の長城に立ち寄りました.
IMG_2449

人類史上最大かつ,月から見える唯一の建造物.
なんとも雄大な気分…に浸る前に,なにしろ寒い,寒い,寒いぃぃぃー.

あと若干眠いぃぃぃー.

IMG_2446 IMG_2440 IMG_2444 IMG_2432


…ということで,先ほど無事帰りました.

最後に余談ですが,Google Maps では中国を 検索できない んですよね.中国に行く機会があればこちらを.
http://ditu.google.com/
http://map.baidu.com/