Tuesday, June 10, 2014

火車 - 「あのね、蛇が脱皮するの、どうしてだか知ってます?」 [book]

火車 (新潮文庫)

ふと,「極上のフィクションが読みたい」と思い,宮部みゆきの「火車」を読みました.1992年発行の割と昔の作品ですが,ミステリー小説のランキングや特集などでは必ず登場していて,なんとなく気になっていた小説の1つでした.

このミステリーがすごい! - ベスト・オブ・ベスト
20世紀傑作ミステリーベスト10
【絶対に読みたい】おすすめ面白ミステリー小説 20選


ネタバレは控え,ここでは一番心に残った台詞の紹介に留めておきます.

「あのね、蛇が脱皮するの、どうしてだか知ってます?」

「脱皮っていうのは――」

「皮を脱いでいくでしょ?あれ、命懸けなんですってね。すごいエネルギーが要るんでしょう。それでも、そんなことやってる。どうしてだかわかります?」

本間よりも先に、保が答えた。
「成長するためじゃないですか」

富美恵は笑った。
「いいえ、一生懸命、何度も何度も脱皮しているうちに、いつかは足が生えてくるって信じてるからなんですってさ。今度こそ、今度こそ、ってね」

べつにいいじゃないのね、足なんか生えてこなくても。蛇なんだからさ。立派に蛇なんだから。富美恵は呟いた。

「だけど、蛇は思ってるの。足があるほうがいい。足があるほうが幸せだって。

この世の中には、足は欲しいけど、脱皮に疲れてしまったり、怠け者だったり、脱皮の仕方を知らない蛇は、いっぱいいるわけよ。そういう蛇に、足があるように映る鏡を売りつける賢い蛇もいるというわけ。そして、借金してもその鏡がほしいと思う蛇もいるんですよ。」


4101369186火車 (新潮文庫)
宮部 みゆき


0 comments: