Thursday, February 2, 2012

名前は,親から子への最初の…そして,もしかしたら最後のプレゼントかもしれない [reflection]

2日前に,2人目の子供が生まれて,その子の名前を考えています.
名前は親から子への最初のプレゼント,なんて言われますよね.

子供には,自分の一生をかけて,伝えていくべきことを伝えたい.
その一方で,「親が子供になにかしてあげようなんて,何を思い上がった事を…」と,人の親になってから,ふと思う事があります.

子供には見返りなんか求めず,無償の愛情を注ぎたい.
そういう意味で,名前ってのは最後のプレゼントでいい.

…そんな風に思ったりもします.


この世に生まれてきてくれて,ありがとう.
信念を込めて,最高の名前をつけよう.
以降,俺とお前の間に,一切のギブ&テイクは無しだ.

I scratch your back -period


あ,ところで「リブレ」という名前は,割と早い段階で却下されています...
Peace Pipe: ハバナのもう1つの顔 - キューバの旅 Vedado 編 [diary]

良い響きだ.男の子が生まれたら「リブレ」という名前はどうだろう.


1 comments:

Toshiya HASEGAWA said...

"Keep riff hard and make everything alright" みたいな願いを込めました.
人生のリフをしっかり刻んで,色々な人や物とのつながりを大切にしてほしい - その中から何かを生み出すような,思いやりのある優しい子に育ってくれればと.