Friday, June 24, 2011

You're so Good for Me [reflection]



Oh, oh, the Sun is gonna shine
Stay with me baby, make me know that you're mine

-- You're so Good for Me / Humble Pie


Monday, June 13, 2011

ホテル・デル・コロナド [diary]

R0018174

サンフランシスコからサンディエゴに移動しました.
久しぶりにこちらで過ごす週末があったので,コロナド島を訪れてみました.

サンディエゴからすぐ近くのとても美しいこの島の代名詞が,ホテル・デル・コロナドです.
Hotel del Coronado

1888年に当時の世界最大リゾートとして建てられ,マリリン・モンローの「お熱いのがお好き」をはじめ数々の映画の舞台ともなった5つ星ホテル.世界のリゾート・トップ10,結婚式会場・全米ナンバー1などに選ばれたこともあるのだとか.

R0018254
R0018186 R0018243


目の前には素晴らしいプライベートビーチが広がり,

R0018219


ビクトリア様式の建築からは威厳と風格が漂い,

R0018278
R0018292 R0018276


ホテルの地下には様々なショップが連なっています.

R0018134


高級ホテルと言っても完全に観光地となっており,宿泊客ではなくてもホテルのビーチを利用できるし,ショップやカフェを目当てに足を運ぶ人も多いようです.

なかなか泊まることのできないようなホテルですが,オーシャンサイドにあるホテルのレストランで食事だけ取ってみました.

R0018147 R0018151

1食で1日分の食費が飛んでしまうほどのお値段でしたが…


Friday, June 10, 2011

サンフランシスコのジャパカレーと絶品シーフードイタリアン [diary]

R0018000

仕事でサンフランシスコに来ています.
ちょうど今週は Apple の WWDC が開催されていて,街は独特の盛り上がりを見せています.

今回の滞在では,どこかにゆっくり足を伸ばす余裕はなさそうで,こうなると食事が楽しみとなってくるわけですが,今週のヒットを2店紹介します.


1つはフードトラックのジャパカレー.
JapaCurry - Home Page
@japacurry

フードトラックはアメリカではポピュラーな存在,ファストフードの屋台というよりは「移動型レストラン」というイメージでしょうか.人気店になると Twitter でその日の場所を告知し,それを追いかけて人が集まってきます.

そんな中,サンフランシスコのフードトラック・ベスト5 に選ばれたのが,このジャパカレー.こちらで「カレー」というとインドカレーかタイカレーですが,いわゆる日本のカレーが新しいジャンルとして人気を集めているようです.築地や小樽でカリフォルニアロールやドラゴンロールが流行るようなもんですかね…いや違うか.

R0018004


もう1つは drikin さんのブログで見てから絶対に行こうと思っていた Sotto Mare というシーフードイタリアン.あまりに感動して2日連続で行ってしまいました.滞在中にもう1回行ってもいいかも.
サンフランシスコの絶品シーフードイタリアンSotto Mare - Drift Diary XIII
Sotto Mare Seafood Restaurant

場所はサンフランシスコのイタリア街.このあたりは電柱にトリコローレがペイントされています.

R0018047


噂通り,外で待ってる間はワインをサービスしてくれます.
飲み放題かと思って調子に乗って飲んでいたら3杯目でもうダメと言われましたが,次の日も行ったら顔を覚えてくれていたみたいで,ワインが半分ぐらい残っているボトルごとくれましたw
決して高級店ではなく,むしろ庶民的な食堂という感じ.とてもアットホームな雰囲気です.

R0018042
R0018012 R0018065


とにかく全て美味しかったのですが,

R0018032
R0018029
R0018057

特に素晴らしかったのがこのチョッピーノ.魚介類とパスタをトマトとワインベースのスープで煮込んだもので,魚介の旨味がにじみ出ています.このチョッピーノ,実はイタリア料理ではなく,19世紀のサンフランシスコでイタリア人漁師が作っていたのが発祥なのだとか.

R0018038


今回のサンフランシスコ出張は,いつものようなエンジニア同士の仕事ではなく,こちらのデザインスタジオでデザイナーの方々と作業をしています.慣れないことも多いですが,彼等のワークスタイルに刺激を受ける毎日です.