Friday, January 28, 2011

真に自由で平等なアメリカを築く為に命をかけた人のことを,ふと考えた夜 [diary]

R0016496

仕事でサンフランシスコに滞在していました.

今回は若干スケジュールがタイトで,どこかにゆっくり足を伸ばす時間は無かったので,最終日の夜はホテルの近くをぶらぶらと散歩していました.

ふと立ち寄った公園にあったのは,マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの記念碑.壁に刻まれていた言葉,その脇の写真,そしてまるでその言葉を象徴するような水の流れを,しばらく眺めていました.

R0016524
R0016519 R0016512

No, No, we are not satisfied, and we will not be satisfied until 'justice rolls down like water and righteousness like a mighty stream'

私達は決して,決して満足していない.「まるで水が流れるかのように正義がこぼれ落ち,公正が強力な潮流となる」まで,満足することはないだろう.

-- Martin Luther King Jr. (Washington D.C. 1963)


静寂の中に響く水の音は闇に溶け合い,言葉の重さと相俟って,独特の雰囲気を作り出していた気がします.


ところで完全に余談ですが,マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの写真を目にすると,いつもこの曲が頭に流れます.キングの有名な演説,"I Have a Dream" (上述の言葉もその演説から) に曲の歌詞がシンクロするのと,この力強い歌声のせいでしょうか.ちょうど時代背景も同じだしね.



I had a dream, I had a dream one rainy night
Ah, I had a dream, I had a dream one rainy night

-- The Sun Is Shining / Elmore James


2 comments:

nasa said...

はじめまして。nasaと申します。長尾T子さんと現在職場が同じで、彼女から紹介してもらい、Toshiyaさんのブログを拝見しています。
2007年の春頃までSFベイエリアに住んでいたので、大変懐かしく思います。写真にある公園もたまに行ってました。

これからもちょこちょこ拝見させて頂きます。よろしくお願いします!

toshi said...

nasa さん,コメントありがとうございます.

いいところですよね,SFベイエリア.自分は清志郎の「ベイエリアから〜♪」という歌詞ではじめて関心を持って,学生時代に1ヶ月ほど住み,社会人になってからは出張でたまに訪れます.

当ブログ,もしよければ,これからも覗いてやって下さい.