Monday, March 30, 2015

Harvard Business Review - A Culture of Candor / 風通しのよい組織を作る [memo]

会社で受けた研修の中で紹介された,ハーバード・ビジネス・レビューの "A Culture of Candor" という,いわゆる「信頼学」についてのアーティクル.

「コミュニケーションの透明性を高める」とか「風通しのよい組織を作る」という言葉は,耳障りは良いが,なぜそうするべきか,どのようにそれを実現するかについて,体系的にまとめられている.

興味深かったのは,きれいごとや道徳的観点から「信頼を高めよ」と言っているのではなく,ネット社会の今日において秘密を守り抜くことは困難であり,「目的」ではなく成功と成長の「手段」として,信頼が語られていることです.また,概念的な話だけではなく,実際の事例やケーススタディも交えられています.

A Culture of Candor - HBR
A Culture of Candor (PDF 直リンク)

いろいろ大事なことが書いてあると感じたので,以下に内容を要約します.

・情報を隠し,都合の悪いことを言わないのは,人間の自然な性質
 ・リーダーは透明性を支持し,組織で育まなければならない
・信頼のメカニズムを知ることは,自己の判断能力を高める
・情報は,権力を誇示するためのアイテムではない
・ネット時代の今日に,透明性は避けられない
 ・自ら築かなければ,(情報漏洩などの) 苦い経験を通して強制的に築かされるだけ

・「透明性」の定義
 ・情報が組織内で自由に流通し,
 ・マネージャーと社員の間で共有され,
 ・外部のステークホルダーにも届く,という状態

・「透明性」に問題が生じる3つのパターン
 ・リーダーが話を聞かない,もしくは部下が話をしない
 ・反対のしかたが分からない (その風土がない,またはルールがない)
 ・会社のトップが閉鎖的

・ではどうすればいいか
→ 組織に透明性を築くには,まず自身が実践しロールモデルになること
 ・真実を語る
 ・権威に対して率直に話せる環境を作る
 ・反対意見を述べた人を報いる
 ・言いにくい話の伝え方を学ぶ
 ・情報が偏らないように,多面的な情報源を持つ
 ・失敗を認める
 ・組織のアーキテクチャとして,透明性を組込む
 ・情報を解放する (情報のデフォルトは守秘ではなくオープンとする)


Sunday, March 15, 2015

被写体に集中する為のカメラ設定メモ (主にキャノン一眼用) [photo]

デジタルカメラの設定は何かと複雑で,こだわろうと思えばキリがなく,むしろ「コンピューターを使いこなす」という側面さえあると感じています.

一方で実際に撮影する時は,設定を気にかけず,被写体に100%集中することが,良い写真を撮るコツではないでしょうか.

私はこれまで試行錯誤を繰り返し,やっと自分の「しっくり来る設定」に辿り着いたような気がしています.98%の場面ではこれで OK,カメラではなく目の前にある被写体だけを考えられるという設定.変化を持たせたい時でも,自分のベースラインが決まってしまえば,そこからの差分で考えることができます.


備忘録を兼ねて,その設定をシェアします.
キャノンの一眼と明るめのレンズ,という組み合わせを前提に書いていますが,他のメーカーのカメラでも,あるいは一眼ではなくても,参考にして頂ける部分はあると思います.


私は風景とポートレートを撮ることが多いので,カスタム撮影モード (ユーザー設定モード) を割り当てて設定しています.具体的には:

- 基本設定:
 - 全ての基本となる設定
 - とりあえず迷ったらこれ

- カスタム撮影モード 1 (風景):
 - 風景を撮る時は何も考えずにこれ

- カスタム撮影モード 2 (ポートレート):
 - ポートレートを撮る時は何も考えずにこれ

- カスタム撮影モード 3 (光に何かを感じた時):
 - うまく説明できないけど,(太陽などの) 光に何かビビッと感じるものがあった時はこれ

カスタム撮影モードは,そこから設定を変更しても,パワーOff/On (オートパワー Off 含む) や他のモードへの切替などのタイミングで設定が戻ってくれるので,大変便利です.例えばポートレートを撮る時に C2 に合わせ,必要であればシチュエーションに合わせて ISO や露出を気兼ねなく変え,次回また C2 に合わせる時には「ポートレートのベースライン設定」になっているのです.

基本設定 C1 C2 C3
用途 一般
スナップ
風景 ポートレート 光に何かを感じた時
モード A (1.8) P P A (1.6)
レンズ光学補正 周辺光量補正: しない
色収差補正: する
周辺光量補正: する
色収差補正: する
周辺光量補正: しない
色収差補正: する
周辺光量補正: しない
色収差補正: する
ピクチャースタイル 忠実設定

もしくはスタンダード
&
色の濃さ +3
ニュートラル
&
コントラスト +3
色の濃さ +2
色あい +2
忠実設定 忠実設定
+
色あい +2
ISO オートの上限 12,800 12,800 25,600 25,600
ISO オート低速限界 オート オート 1/125 1/125
オートフォーカス AI フォーカス AF ワンショット AF AI フォーカス AF AI フォーカス AF
ホワイトバランス オート
&
アンバー側に5補正
オート オート 太陽光


上記では,全ての用途で同じ設定は割愛しており,今ではどの設定をデフォルト値から変えたのかも覚えていませんが,特に重要なものは以下に記しておきます.

- 記録画質: RAW + L
- ISO: オート
- オートライティングオプティマイザ: 標準
- 測距エリア選択モードの限定: スポット1点 AF (任意選択)
- 測光モード: 評価測光
- 露出補正: 0
- 調光補正: 0
- 操作ボタンカスタマイズ
 - シャッターボタン半押し: 測光開始
 - AF-ON ボタン: 測光・AF 開始
 - AE ロック: AE ロック (ホールド)
 - 絞り込みボタン: 絞り込み
 - レンズの AF ストップボタン: AF 停止
 - マルチファンクションボタン: ファインダー内水準器
 - SET ボタン: 無効
 - メイン電子ダイヤル: Tv
 - サブ電子ダイヤル: Av
 - マルチコントローラー: AF フレームダイレクト選択


なにかの参考になれば幸いです.


Saturday, March 14, 2015

幼児のいる家庭にオススメ - 室内で砂遊びができるキネティックサンド [memo]

ラングスジャパン(RANGS) 室内用お砂遊び キネティックサンド 1kg

また1つ,私が実際に購入・使用したもので,よかったものを紹介します.
部屋の中で砂遊びができてしまうというキネティックサンド.小さなお子様がいる家庭に,とてもオススメです (対象年齢3歳以上).

98%は純粋な砂,残りの2%が特許技術だそうで,少し粘土のようでもあり,なんとも不思議な質感です.寒い日,暑い日,雨の日などの,公園の砂場の代替としてだけではなく,むしろまったく新しい遊びと,とらえることもできるかもしれません.




別売りの専用テーブルには,下の写真のようなアイテムが付属し,

R0002808

蓋をするとそのまま子供用テーブルとして使えます.

R0002818

きっとあなたも,夢中で砂遊びをしていた子供の頃を思い出し,童心に返ってお子様と遊ぶことになるでしょう.



1つ (1kg) だと少し物足りないので,2つまとめて買うのが良いと思います.
B00CO5AQ12ラングスジャパン(RANGS) 室内用お砂遊び キネティックサンド 1kg


こちらが前述の専用テーブル.スコップやくま手,砂型が付属しており,合わせて買うのがお勧めですが,専用テーブルじゃなくても,なにかしらトレーのようなものはあった方が良いです.
B00HIAZT1Uラングスジャパン (RANGS) キネティックサンドテーブル


それでも砂は床にこぼれるので,ビニールシートやテーブルクロスのようなものを敷くと,まったく気兼ねなく存分に遊べると思います.こちらは100円ショップのものや,新聞紙なんかでも良いかもしれません.
B007ZKAZA8汚れ防止透明テーブルカバー