Saturday, October 22, 2011

哀愁と活気に溢れる革命の島 - キューバの旅最終回 [diary]

_0019090

キューバ放浪記もこれが最終回となります.

今日でちょうど帰国から1週間が経ちます.

複雑な歴史を物語る美しい建築,時代に取り残された情緒溢れる街並み,ヨーロッパとアフリカが混ざり合った文化,そして目を疑うほど青い空と海…どれも素晴らしかったけど,やはり今一番思い出されるのは「人」でしょうか.

私が受けたキューバの人の印象は,貧しい中にもお金をかけずにお洒落をする術を心得ていて,苦労の中にも明るく愉快に楽しむことをやめず,お喋りと音楽が大好きで,ちょっとズルいんだけど人なつっこくて無邪気でオープン.

インドウガンダ に行った時にも書きましたが,人が人に会うこと,そのインタラクションに酩酊することこそ,旅の本質であると信じています.


経済が封鎖された社会主義のこの国にとって,観光は重要な産業の1つ.かといって観光客にとって便利では全然ないのですが,少なくとも治安は良く,安全です.ただバカンスを楽しむ旅行ではなく,冒険心と想像力を駆り立てるような旅を求めているなら,キューバはとてもオススメですよ.


Peace Pipe: キューバの旅 2011
Flickr photos: キューバの旅 2011


0 comments: