Saturday, August 7, 2010

クラウドシステムを人体に例えると [memo]

昨日の飲み会で,妙に腑に落ちた話です.

ヒトの体は,幾多の進化を経て創造された芸術品のようなもので,理想のシステムアーキテクチャも人体に例えられるのではないかと.

例えば脳にあたる,システムの肝となるデータベースやエンジンはあるかもしれません.でもそこで全てやろうとしてしまうと,頭でっかちになってしまう.

筋肉のような,鍛えれば鍛えるほど強くなるようなスケールする仕組みが必要です.何を脳に置いて,何を分散させるか.

「マネタイズする仕組みは肝臓かなー」とか色々話しているうちに,

あと必要なのは生殖器だ!

と (笑).

半ば無理矢理ですが,要はユーザーが増えていくようなサービスを作りましょう,ということでした.


4774143073[Web開発者のための] 大規模サービス技術入門 - データ構造、メモリ、OS、DB、サーバ/インフラ (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

伊藤 直也 田中 慎司
技術評論社 2010-07-07



0 comments: