Thursday, March 26, 2009

あのーブルペンで見てました - 松坂 大輔 [memo]

WBC は本当に素晴らしかった.いくつもの感動をもらった.それらの場面は このへん に書いてあるのでここでは繰り返さないが,今日放送された報道ステーションで知ったちょっといい話をシェアしたいと思う.

10回裏,2アウト・あと1人,ベンチでは優勝が決まった瞬間に我先にグラウンドに飛び出そうと,選手が身を乗り出している.だがそこに,エース松坂の姿はなかった.

インタビューでそのことを聞かれた松坂は,あっさりこう言った.

あのーブルペンで見てました.
あのーブルペンの様子もちょっと気になったんで.


大会規定により,この試合投げられない松坂は,こんな時にブルペンにいた.待機するリリーフピッチャーの様子を気にかけていたのだ.

なんという大きな男だろう.一番の主役であるはずの彼が,それこそスタッフに任せておけばいいようなことを,歓喜の瞬間が近づく中,行っていたのだ.

高校3年生の松坂が,甲子園の準々決勝で延長17回を投げきり,そして決勝でノーヒットノーランを成し遂げた1998年の夏は,ちょうど私が大学を卒業してアメリカから日本に帰ってきた時だった.それだけにあの夏は,あの甲子園は,そして松坂というピッチャーは印象に残っている.

そしてそれだけに,私にとっていつまでたっても高校生の印象が残る松坂は,いつのまにかこんな大きな男になっていた.

強いチームに主役は要らない.全員が,自分ではなくチームの為に,今できることをやるべきなのだろう.そしてそれは,才能に恵まれ日本代表として選ばれたアスリートだけではなく,チームの中で働く全員に言えることなのかもしれない.


2 comments:

nasty said...

松坂はただ者ではないね。ただ、いい場面でいいピッチングをしていたことは確かだな。

松坂のMVPに対するコメントで、

「今回に関しては僕だとは思いませんでした。岩隈クンに悪いなと思いました」

ってあるんだけど、ファンの心理すらついているこのコメントに脱帽したね。

toshi said...

松坂は崩れないですよね.
ホントいいピッチャーだと思います.