Tuesday, December 16, 2008

It is UNACCEPTABLE,そして全ての学校にネット環境を - Balak Obama [memo]

アメリカのオバマ次期大統領の演説テクニックが素晴らしいことは有名で,
Presentation Zen: Obama delivers speech like a symphony
オバマ上院議員の演説に達人の技を見た!: Lifehacking.jp
404 Blog Not Found:惰訳 - Barack Obama's acceptance speech in full
私もスピーチの勉強を兼ねて通勤中などに聞くようにはしているが,その中でとても感動したフレーズがあった.

この映像の3分30秒あたりから.

It is unacceptable that the United States ranks 15th in the world in broadband adoption. Here, in the country that invented the internet, every child should have the chance to get online, and they'll get that chance when I'm president because that's how we'll strengthen America's competitiveness in the world.

アメリカのブロードバンド普及率が世界の15位であるというのは,受け入れがたい事実である.インターネットを発明したこの国においては,全ての子どもがオンラインにアクセスできるべきであり,私が大統領になった暁にはそれが可能になる.それこそが,世界の中でアメリカが競争力を高めていく方法である.


いやオッサン,マジよく言った!
分かってるなぁー

なんとも素晴らしい名言ではないだろうか.
鳥肌が立ちましたよ.

そして彼は「21世紀の子どもは21世紀にふさわしい学校に通うべきだ」として,学校にネット環境を整備していくと約束した.


ちなみにノーテンキな現大統領は「アメリカにはブロードバンドなんてとっくに来てる」とでも思っているのかもしれませんがね.
FCC commissioners bash NTIA's 2007 U.S. broadband report


0 comments: