Monday, December 3, 2007

大日本人 - 松本 人志という,哀しみを笑い飛ばす天才 [movie]

松本 人志の「大日本人」の DVD が届いたので,ずっとネタバレしない為に書けなかった,夏に劇場で2回見た時の感想と合わせて.

映画も音楽も美術も,人それぞれに,その人がその時に必要なことを感じ取ればいいと思うので,まあ1ファンのタワゴトだと思って下さい.

以下,ネタバレ含みます.





DVD の初回限定盤は,高須・長谷川 (2人とも超売れっ子放送作家.大日本人では,高須は松ちゃんと脚本を担当,長谷川はインタビュアー役) による解説 & メイキングと,ノーカット集・幻のシーン集を含む3枚組.特に高須・長谷川による解説 & メイキングは,本編の楽しみを倍増させる.

世間の評価では賛否が真っ二つに割れたこの映画,いやむしろ圧倒的に「否」が多いように思う.
Yahoo!映画 - 大日本人
大日本人 @ 映画生活

別に驚くことではない.
昔から彼の作品に対しては,いつもそうだった.

だがある人に言わせれば,

要は、松本人志をおもしろいと感じられないのはあなたがおもしろくないからである

松本人志について

だから「私には分かっている」なんて言うつもりは無いが,少なくとも「展開がなっていない」とか「手法が稚拙」とかいう意見は,例えば160キロ投げるピッチャーに「そのフォームは間違っている」と言うようなものだと思う.何を期待して映画を見ているのかと.

「古賀」に代表されるように,彼の作品は「ホントにこんな奴がいたら」と思い込めた時にその真髄が出てくる気がしている.モラルも常識も全て捨てて,松本 人志の世界に飛び込んで行くのだ.


映画を見て,まず俳優としての松ちゃんの演技が非常に巧いと思った.よく考えればコント5段が演技ができないわけはないのかと.

これは後から知った話だが,セリフはほとんどその場の即興らしい.流れだけは決まっているんだろうが,実際に聞く内容は,長谷川がその場で本当に「インタビュー」し,相手がアドリブで答えている.そう思って見ると,三河の電変場の警備員や,守衛の2人の受け答えなど,もう本当にたまらない.実際にメイキングを見ると,彼等の回答を横で見ていた松ちゃんが泣きそうになりながら笑いをこらえ,最後には声を出して笑ってしまいカットになるシーンもあったりする.松ちゃんにしても長谷川にしても,本当にキャラのいじり方が芸術的だと思った.

同時に,「場面は東京」であることを最初から知らせる為に冒頭のバスのシーンで東京タワーが映るようにしていたり,坊主である松ちゃんがロン毛であることに違和感を持たれない為に帽子をかぶっていたり,右手でうどんを食べていたり,ミドン (赤いヤツ) の登場を分かりやすくする為にその前に完全 CG の「睨ムノ獣」を入れていたり…など,計算しつくされている部分も散りばめられている.


1カットでずーっと背中を追って,横顔を捉え,「大佐藤はくたばれ」の垂れ幕…という描写,

北朝鮮の襲来に無様に逃げ出し,アメリカに助けてもらい,加担するのに躊躇し,結局はアメリカの言いなりになり,その後もアメリカに言われたい放題の日本人,

祖父を見つめる眼差し,

「僕は4代目に,世話になってるんだよ.世話になってるというか,やっぱ恩義があるわけだよ」

あれだけ好きだった祖父を,あっけなく殺してしまい,しかもその後に一切触れないという構成,

視聴率や広告に対する苦言,

だんだんタメ口になるインタビュアー,

「マメ (=小さい) だねぇ」→「大日本人だよ!」という遊び心,

親への想いと,子供への想い,

ボロボロのブランコと靴,

半年に1度しか会えない子供のことを「毎月会ってる」「あれは毎日でも会いたいと言っている」と嘘をつき,良く立ち寄る公園は昔子供と遊んだ想い出がある公園,

輪ゴムを手にし,最後は自分の意思とは関係なく戦わされるヒーロー,

そして最後の松本ワールド,

…などなど,いちいち心に突き刺さる.


そう言えば,これほど笑った映画で,大佐藤が笑っているシーンはほとんど覚えていない.名古屋では笑っていたが,なんだか淋しそうに笑っていたように思う.

松ちゃんの表情がなんとも言えない.全てを呑み込んだような,その表情.

イビツで醜いけど,カッコよくて,変に切なくて,悲しい.

完全なる即興と,病的なまでの作り込みをかけ合わせてできた,哀しみと笑いの融合.

もう丸っきり大笑いなんだよ.


この映画の中の大佐藤も,「俺かて好きでこんなカッコなったんちゃうわー」と叫ぶトカゲのおっさんも,「診察室にて」の突拍子もない即興コントで「ある種患者ですよ.みんな患者ですよ.一億総患者ですよ.それを僕は言ってるんですよ」なんて言う医者も,それは松本 人志自身であり,もしかしたら私自身であり,あなた自身なのかもしれない.

あの,野良って,言いだしたらもう,みんな野良だよねぇ

あの,飼い猫は必ずしも,あの,野良でないとは,僕は思わないよね,うん

そんなこと言いだしたら,もう,僕もね,野良だし

うーん,生きてるもの,すべて野良だからねぇ,うん,うん


-- 大佐藤 大 (松本 人志)


Peace Pipe: 松本人志 第1回監督作品 大日本人 [memo]
Peace Pipe: 松本人志は悲しい [memo]
Peace Pipe: 「クリエイターに一番必要なものは?」松本人志の放送室より [ce]
Peace Pipe: 大日本人 [movie]

松本人志
発売日:2007-11-28
価格
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
松本人志
発売日:2007-11-28
価格
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成


4 comments:

otu said...

「あ、焼きますか?」

toshi said...

じゃあ第二で

naogym said...

naotakeです。
本編だけの方買って来ちゃったから、まだ特典は見てないけど、是非見ようと思ってる。

「必要な時だけ大きくなる」奴でいたいなと思いつつ。

toshi said...

> naotake さん
ゼヒ!