Sunday, November 25, 2007

Mac で unison を使う時に除外するファイル [mac]

ちょっとメモ.

基本的に HDD の中身は weekly でバックアップを取っている私だが,毎回決められた同じ範囲をバックアップするなら rsync よりも unison の方が優れていると思う.これは,rsync が起動毎に対象ファイルを解釈するのに対し,unison はファイルのカタログ DB を作るので,2回目から非常に速くなるからだ.

さらに,rsync が「ミラーリング」するのに対し,unison は「シンクロナイズ」するので,2台のマシン間でファイル毎に「どちらからどちらに上書きするべきか」を判断してくれる (相互同期ができる).例えば会社のデスクトップ PC とノート PC 間でファイルを同期するのにも非常に重宝している.

unison の詳細や使い方などは他に譲るとして,Mac に数多くある「隠しファイル」を unison で除外するには,

ignore = Name ._*
ignore = Name .DS_Store
ignore = Name .Trash
ignore = Name .Spotlight-*
ignore = Name .Trashes
ignore = Name .hidden
ignore = Name .hotfiles.btree
ignore = Name .vol

ignore = Name .FBCIndex
ignore = Name .FBCLockFolder

ignore = Name .CFUserTextEncoding
ignore = Name .localized


を "filelist_ignore-osx" とでも保存して,設定ファイル (prf) から "include filelist_ignore-osx" すれば良い.

sync 先に Mac の隠しファイルが紛れ込んでいないかどうかは

$ find . \( -name "._*" -or -name ".DS_Store" -or -name ".Trash" -or -name ".Spotlight-*" -or -name ".Trashes" -or -name ".hidden" -or -name ".hotfiles.btree" -or -name ".vol" -or -name ".FBCIndex" -or -name ".FBCLockFolder" -or -name ".CFUserTextEncoding" -or -name ".localized" \) -print


して探す.

参考にしたのはこちら.
Mac OS X Hidden Files & Directories


0 comments: