Thursday, December 28, 2006

M1グランプリと品川 祐の優しさ [memo]

クリスマス・イブの M1グランプリの余韻にいまだに浸っていて,気付くと録画した放送を見返しています.去年は新宿ルミネに準決勝を見に行こうとまでした (整理券もらえずに結局見れず) のに,今年は決勝の放送直前まで全然チェックしていなかった.

ふと目にとまった,品川の芸人目線の M1レビューがおもしろくて,また放送を見返してしまいます.
品川庄司 品川祐blog: M1 グランプリ

M1グランプリでは、「これはベタだけど客にうけるから入れとこう」と言うのがウケないですね。ツカミはとくに恐いから、とがってないけど、とにかくウケるものを入れたいんですよね。

でも、それがいつもほどウケない。
ウケないとベタさだけが浮き彫りになる。
そこで調子を崩すんですよね。
僕らがそうでした。今年もそういうコンビがいっぱいいました。


そして同時にこの記事を読んで,あーこいつすっげーいい奴なんだなーと.
品川庄司 品川祐blog: M1グランプリ POISON GIRL BAND

POISON GIRL BANDの事を「M1で素人に負けた奴」と叩いている人がいると噂で聞きました。
--中略--
当事者の彼らは、反論する事が格好悪くてと出来ないと思うので僕が勝手に代わりに反論させてもらいます。

なんか「書かずにはいられなかった」感が伝わってくる.


それにしても島田 紳助に「4分間の漫才のうち2分半くらいでチュートリアルが満票で優勝すると確信した.世代が違って良かった.7,8歳差やったら自分の将来に不安を感じなければいけなかった」とまで言わしめたチュートリアル.当分はこれで笑えそう.



2 comments:

seigo said...

決勝のチュートリアルは何回も見直しました。一気に流れを引き寄せて見事でしたねー。年末年始、チリンチリン盗難に気をつけます。

toshi said...

もし盗まれたら俺がお前のチリンチリンになるから.