Friday, October 27, 2006

日本ハムファイターズ優勝 - 2006年プロ野球日本シリーズ [diary]

日本ハムファイターズの選手達,ヒルマン監督,コーチ陣,球団関係者,そしてファンの人達,まずは心からおめでとう.


ところで,今年の中日にしても去年の阪神にしても,実況者や解説者が「普段通りの力が出せませんでしたねー」とか言っている.そして優勝した日ハムやロッテに対しては「いつも通りの戦い方ができましたねー」と.

これに激しく違和感を感じるのは私だけだろうか?

せめて普段通りの力は出してくれよ,と.
プロなんだからさ.

そりゃ相手も人間.
もちろん分かってるけど,されど「プロ」なのである.


ファンとしては,この大舞台で両チームがこれまで見たことの無いような力を出し合い,ものすごくレベルの高い戦いの中でぶつかり合うところが見たいのだ.

そんなのファンの一方的なワガママだって?
ああ,そうだよ.
ワガママぐらい言わせてくれよ.

おいそこのバカ解説者,「中日の実力はこんなもんじゃないんですけどねぇ」とか言うな.バカにするな.これが全ての実力ってことだよ.


勝負事において,私には好きな言葉がある.

You have to beat me.
Because I'm not gonna beat myself

「お前が俺を 倒さなければ いけない.俺は自分自身を倒さないから」

つまり相手に対して「俺が自滅することだけは絶対にないから,勝ちたかったらお前が俺を倒しにこい」という心構え.

その心構えが,こちらも相手のミスを期待するのではなく,むしろ「今シーズン最高のボールを投げてくれ.それを俺が打つから」というメンタリティーに繋がる.最高のパフォーマンスは,そんなメンタリティーから生まれる.


いつも通りの力が出せれば取れてしまうようなものですか,「日本一」ってのは.

大舞台に緊張して普段の野球ができなかった?
パ・リーグのプレーオフがあって実戦間隔が空いていた?

わ・ら・わ・せ・る・な


見る側からすれば,「長いシーズンの中で,最後に日本一を決める戦い」とか「応援しているチームがそれを戦っている事実」という興奮はあったとしても,普段通りの力が出せないなら,純粋に「ベースボールとしてのクオリティ」を考えればペナントレースの試合の方がおもしろいことになってしまうではないか.

悪いが私は「一流の選手が大舞台で実力を出せない人間模様」が楽しめるほど器用な人間ではない.見たいのは,シーズンの最後にふさわしい,そしてそれぞれのリーグを制したチーム同士の戦いにふさわしい,ヒリヒリするような戦いだ.


…と,
まあ言うのは簡単ですよね.
実際には同じ人間だし,緊張することも,普段通りの力を出すことがいかに難しいかも分かっている.分かっていますとも.

でも私には言う権利があるのです.

だって野球に関しては,私がファンであり,彼等がプロなのだから.

私が世に送り出す製品に関しては,私がプロとして同じことをユーザーに言われる立場であり,それを受け入れなければいけないのです.


セ・リーグを制覇しても,いつも日本シリーズで勝てない中日.

2年前,王手をかけながらもホームで連敗し,目の前で敵が歓喜の声を上げるのを目に焼きつけ,その悔しさを果たすべく臨んだ今シリーズ.

そしていつも通りの野球ができずに4連敗.

悔しくてたまらないだろう.ファンよりも,誰よりも,選手が一番悔しいだろう.悔しくて,悔しくて,たまらないだろう.

だから彼等には,あえて 相手チームの監督の言葉 を送りたい.

But, at the end of the day,
you still have to find a way to enjoy


来年も応援するぞ!!
ガンバレ > ドラゴンズ


0 comments: