Tuesday, August 29, 2006

至高のノート PC - ThinkPad [diary]

家では Mac と NetBSD,会社では主に Linux でサブマシンに Windows,という環境の私だけど,やはり IE に限定されたサイトがあったり Windows でしか使えないアプリがあったりして,なにかと手元に Windows マシンを置いておきたいと思っていた今日この頃.ちょうど新しいノート PC に対する物欲も高まってきたので,思いきって購入することにしました.

基本的に ThinkPad 以外は眼中に無く,過去のエントリーでこんなこと

スペックだけを比べると他メーカーの PC より割高感が出てしまうし,VAIO のような TV 録画機能やワンセグ放送対応がある訳でもないが,ThinkPad にはそれを超えたユーザビリティーがあるという.膝の上で使った時に画面がブレにくいとか,自然と手を伸ばした位置にボタンがあったりとか.車に例えるならエンジンや燃費などのカタログスペックだけではなく,シートの座り心地やギアの感触が気持ち良くて,一度乗ったら他は考えられない名車といったところだろうか.

を書いたけど,この思いは今も変わっていなかった.

問題は機種選びで,T シリーズが一番好きなんだけど,持ち歩くことも考えたかったので一番小さい X シリーズも候補に.でも,X シリーズは1スピンドルなので却下.つい先日,Z61 が新発売になったということもあり,T と X の中間の Z61T を選んだ.若干「帯に短し襷に長し」感は否めないが,まあよしとしよう.


というわけで待望の到着.
DSC00785.JPG DSC00797.JPG


筐体は,一部の Z シリーズで採用されているチタンボディ.強度と軽さを兼ね備え,「10円玉で擦っても傷がつかない」という触れ込み (もちろん試してませんが…).ThinkPad というと,あの真っ黒なボディをイメージするので,相当違和感があるかと思ったけど,いざ自分のものになると「全然アリ」な気がするのが人情というもの.トップカバーには「IBM ThinkPad」のロゴ (さすがに Lenovo ThinkPad にはならないのか).
DSC00804.JPG


ところで私は普段,英語配列キーボードを使っているので,このマシンにも英語キーボードを別途購入しようとしていた.それでコールセンターに,
「Z61T 用の英語キーボードを注文したいんですが」
と電話すると,
「新製品のキーボードは半年後まで発売しません」
との回答.

んなアホな…と思ったが,では
「海外では随分前から売ってるから,取り寄せられない?」
と私.すると,
「海外からの取り寄せは一切行っておりません」
と.

...ここまではグッとこらえました.

最後に,「Z60T の後継機種なんだから,Z60T のキーボード使えませんかね?」
と聞くと
「キーボードの規格を調べるには3ヶ月程かかります」
だって.
これにはさすがに怒りました.3ヶ月も何を調べるんですかねぇ?

こんなことなら,最初から自分で調べれば良かったと思いつつ,
IBM Personal computing support - Keyboard service parts - ThinkPad Z61t
であっさり発見.このページからも分かるように,ThinkPad のキーボードには,ALPS 製・Chicony 製・NMB 製の3種類があるようだ.実際に打ち比べたことはないが,いろいろとネットを徘徊すると,マニアは口を揃えて「NMB (ミネベア) 製の打鍵感が最高」と言う.

というわけで,NMB 製の US-International (FRU 39T0983) を入手.
DSC00806.JPG
ちなみに US-International キーボード と US キーボードとの違いは,ユーロ記号のサポート (5 キー) と,右 Alt が AltGr になっているという点.配列は同じです.


裏のネジを外して日本語キーボードを外します.
DSC00828.JPG


交換完了.メンテのしやすさも,さすが ThinkPad といったところ.私好みの「カワイイ奴」になりました.
DSC00835.JPG
日本語キーボードだと「無変換」「変換」などのキーによって,「スペース」が「スペース『キー』」に成り下がってしまっているが,やっぱり「スペース」は「スペース『バー』」じゃなきゃ.


最初に起動した画面.
ss-default.JPG

いつぞやのエントリーで公開した私の Windows マシンのスクリーンショットは,エクスプローラを殺し,シェルを Blackbox に入れ換えてこんなかんじ

だったけど,いくら UN*X に傾向しているからといって,Windows を UN*X っぽく見せるのは逆にカッコ悪いような気が最近していた.

なので,「Windows として見せながらも,シンプルで,さりげなくお洒落」という,探していたものにぴったりマッチした「HmmXP」というテーマを適用.
ss-hmmxp.JPG
(オリジナルサイズは こちら)


それにしても,最初から Google デスクトップや Picassa2 がインストールされていたのには驚きました.


6 comments:

juno said...

初めての書き込みです。こんにちは。

俺んちにもThinkPadが4台ほどあり、今のメインマシンは T23*2台(9JJ/5JJ)です(2つとも英語キーボード)。ただ、T2*は経年劣化で液晶が赤くなることが多いらしく9JJ がその症状になってしまいました。orz
とはいえ、そうなっても自分でパーツ取り寄せれば交換できるのがTPの最大の魅力ですね。
僕は、このようなメンテナンス情報が公開されている点、メンテナンスそのものがしやすい点がTPの一番の利点だと思ってます。

toshi said...

juno さん,始めまして.こんにちは.
Thinkpad 4台とはすごいですね.

確かにTPのメンテナンス性は高いですよね.

これからもコメントして下さいね.

Anonymous said...

はじめまして、思考の打鍵感を求めさまよっていたところ漂着しました。

現在ThinkPadを3台所有、キーボードは保守用も含め7枚あります。
T2xのMNB製キーボードを2枚持っているのですが、お世辞にも打鍵感が最高とは思えません。(主観)
剛性も低いですし、個人的にはALPS派です。
そこでお尋ねしたいのですが、換装したMNB製キーボードの換装をお聞かせ願えませんか?

toshi said...

コメントありがとうございます.
キーボード7枚とはすごい!

MNB のーボードはすごく気に入ってますよ.ただ ALPS のものは使ったことがないので,比べることができないのですが…

Anonymous said...

ちなみに先日8枚になりました(笑)
クリック感とかありますか?(カチカチっという音、感触)
T2xのキーボード(02K5546/MNB)なんですけど、クリック感がまったくといっていいほどないんですよ・・・
私もMNBがいいというのは聞いてはいましたが、たまたまT2x系のものがハズレだったのかもしれませんし、判断のしようがないんですよね~

toshi said...

あークリック感とかはあまりないかもしれません.HHK で言うと,Pro よりは HHK2 に近いイメージですかね…ってあくまでイメージですが.

ただ,まったくといっていいほどないって程ではないと思いますよ.私はもともとメカニカルが好きだったんですが,それでもあまり気になりません.

主観的な感想なのでどこまでご参考になるかは分かりませんが (笑)