Thursday, January 12, 2006

さて,2006年は何をやめようか [diary]

会社も始まり,正月気分もすっかり抜けたわけだが,今年から始めようとしていたこと (この Blog もその1つ) をいろいろ考えた時に,梅田 望夫さんの こんなエントリー を思いだした.

確かに,「時間がない,時間がない」とみんな (自分も) 口癖のように言うが,時間は誰にでも平等に与えられているのである.

さらにこのトラバをいくつか眺めていたら,「生き方」にまで言及している方 や,テレビのアンテナ線を処分してしまった方 までいてなかなか興味深い.

昔は,よくギターを弾いたりライブに行ったり,古着屋や中古レコード屋巡りをしていたが,結婚したり,子供ができたり,少しずつ責任のある仕事が増えていったり,他に興味のあることができたりとかで,無意識のうちに,自然とそれらに費やす時間は減っていった.

それは「意識して明確に」なにかを「やめる」という感覚ではなかった.

さて,最初の話に戻って,なにかをやめるということ,
しかも梅田さんが言うところの,

それも自分にとってかなり重要な何かを「やめること」。


意思が弱いだけなのかもしれないが,普段の生活パターンから,なにかスッパリとやめられるものは思いつかなかった.その代わり,今年始めたいことを実現する為に,それ以外に費やす時間をそれぞれ半分ずつにしようと思う.


0 comments: